HOME > Repair > リペアーセンターTop > Prologue

リペア理念

 これを読んでいる方はどの様にリペアショップを選んでいるのでしょう。値段?それとも知名度?どちらも気になる要素の一つです。値段は安いにこしたことはないけど、キチンと仕事はして欲しい!と、わがままを投げたくなる気持ちはみんな同じなんだと思います。(*私も良く解ります!)しかし、安く施工すると言うことの意図はどうなんでしょうか。普通は踏まなくてはいけない工数を削り、大量に修理を裁く・・・と言うような事をすれば安くできます。しかしギターという性質上一本一本の違いを把握し、お客様の弾き方を想像し施工していくという目には見えない工数を踏んでいるのも事実なんです。当社では決して技術の安売りはしませんが、同じ工数を踏むのであればお客様へ得をしたと思って頂ける金額で修理が出来ると思っています。

当社設立までの歩み

 私が就職したとある楽器小売店にてカスタムギター製造や修理に関わった頃、時代は丁度バブル絶頂期でした。苦労しなくとも楽器は売れ、新商品は小売店の取り合いになるぐらいの勢いでした。当初なんと管楽器担当となるべく就職した先はなんとLM楽器専門で上司にギターのリペア(組み込み)をやれと任命され今に至ります。その頃はやはり修理も多くナット交換やフレット交換は、毎日腕が痺れるほど数をこなしていったのを覚えています。そして納得がいく出来に到達するまでは何日も徹夜をし、終始そのことだけに打ち込んでいく毎日でした。

 そしてその後しばらくはカスタムギターを作りはじめ、終いには多くのコンポーネントを組んでいました。同時期にインディーズのレーベルも持っていましたが、どっちをやるか悩んだあげくレーベルは人に譲り当社を設立しました。それからはメーカー製ギターのデザイン/設計、ピックアップの開発なども行いました。幸運なことに尊敬に値するミュージシャン/アーティストの方々と出会い、その方々のギター修理やセットアップなども数多く行って参りました。そしてその方々から数多くの経験と知恵を頂きました。

 年を取る度に謙虚さがいかに大事かを感じますが、この仕事がいかにコミニュケーション能力を問われるかという事も同時に痛感します。お客様は楽器が壊れた事に対して心にキズを負っているかも知れない・・・。そんな気持ちを蔓延していく作業の中で忘れがちです。私たちインフィニティー従業員の間では、作業を進行していく上でお客様のためにこういう風にしようとか些細なことでもよく話し合いの場を設けるようにしています。また、長年のスキルで(リペアマンの特殊能力?弾き込まれたギターを見れば、持ち主の弾き方や使い方が解るようになります。どうしたらもっと良く鳴るとか壊れにくく使って貰えるかとかヒントが其所にはあります。修理を依頼される時は是非些細なことでもお聞き下さい。

 

株式会社インフィニティー・プロダクツ
Guitar-Repair Center

代表 木庭 啓惟

エレキギター類の修理/カスタムで関わった主なアーティスト/ミュージシャン(順不同):

加山雄三/Nokie Edwards/渡辺香津美/田中一郎(ARB/ソロ)/小野瀬雅生(クレイジーケンバンド/小野瀬雅生SHOW)/Mike Guerrero(HELION/Michael Angelo)/林仁(寺尾聰/沢田知加子 etcサポート/ソロ)/市川庄司(松任谷由実 etcサポート)/末原康志(中島みゆき、SMAP etcサポート/末原名人)/織川ひろたか(森口博子などサポート/ソロ)/山内薫(小田和正サポートなど/現在プロデューサー)/池間史規(加山雄三サポートなど/ソロ) 他素晴らしいミュージシャン達に多謝!